理想的な生活を!シェアハウスのメリットとデメリット

はじめに

シェアハウスで生活をしたことがあるという人は意外と少ないのではないでしょうか。しかし住んでみたいと思う人は多いはず。そんなわけでシェアハウスのメリットとデメリットを紹介したいと思います。これを参考にして、自分が理想とするライフスタイルをイメージしてみてください。

シェアハウスのメリット

1.お金が節約できる

まずシェアハウスのメリットとしてお金が節約できることが挙げられます。例えば家賃。シェアハウスは家賃が低く設定されているところが多いです。1つの部屋に複数人住んでいた方が家賃が安くなるのは当然ですからね。それに敷金や礼金が無いというところも多いです。これは初期費用の節約という面で大きく助かるポイントですね。また初期費用と言えば、家具や調理器具などの一人暮らしセットを購入する必要が無いというのも大きなメリットです。シェアハウスであれば共有スペースの道具はもちろん、洗濯機やテレビ、個別の部屋のベッドや寝具などがすでに用意されているところがほとんどです。つまり、契約を交わして、衣類や身の回り品を持ち込めば、それでもう生活を始めることができるんです。

2.交流がある

そして、シェアハウスでなんといっても魅力的なのが他の人との交流ですね。一人暮らしであれば「ただいま」と言っても返事は返ってこないし、部屋も静かになってしまいます。しかしシェアハウスであれば共有スペースに誰かがいたり、一緒にご飯を食べたりすることもできます。それに他の住人と悩みを相談したり、励まし合ったりをすぐにできるというのも一人暮らしには無い利点です。また規模が大きなシェアハウスであればパーティーなどのイベントを行うところもあります。外国に留学したかのような生活ですが、実際に日本に来て、シェアハウスに住んでいる外国人の人も多いです。こういった交流を求める人、寂しがり屋な人にとってシェアハウスはうってつけなのではないでしょうか。

シェアハウスのデメリット

1.プライベートの確保の問題

一方でシェアハウス生活にも気になる点はあります。例えばプライベートの確保についてです。シェアハウスでは個室が用意されているところが多いとは思いますが、中には相部屋というところもあります。その場合だと、自宅にいても1人になれる場所が「トイレしか無い・・・」なんてこともあり得ます。はじめのうちは、他の住人との交流も楽しいものですが時には1人になりたくなる時もあります。これは入居するシェアハウスをしっかりと見て決めましょう。また一人暮らしであれば多少騒いだり、おおきな声で電話したりもできたかもしれませんが、シェアハウスだと気を遣う必要があります。逆にほかの住人の多少の生活音もあるかもしれませんが、その点は理解しておかなければなりません。

2.ルールの問題

そして、シェアハウスは複数の住人が生活をしています。それぞれ生まれた場所や育った環境が違うということはあり得ますし、生活で違いが出てくることは当然です。そのため多くのシェアハウスにはルールがあります。共有スペースは清潔に!や、ゴミ出しは当番制!など最低限のルールではありますが、100%自分のペースというわけにはいかないでしょう。慣れれば問題は無いと思いますが、中にはルールを守らないズボラな住人もいます。そういう人との折り合い、人間関係はうまくやっていく必要があります。

まとめ

いかがでしたか?シェアハウスの生活が少しでもイメージできたでしょうか。このようにシェアハウスには様々なメリット、デメリットが存在します。ここに挙げたことを参考にして、ぜひとも楽しい生活になるようにしていってください。